北川景子も愛用する?!「プロポリス」の10個の効能について

感染症に

プロポリスには抗菌、殺菌作用があるため、細菌やウイルスなどによる病気の予防に役立ちます。例えば鼻炎、中耳炎、膀胱炎、風邪、インフルエンザ、気管支炎などです。

 

これらは体の中で炎症が起こった病気で、プロポリスを使うと抗生物質のような働きが期待でき、感染症が治るとされています。

 

プロポリスは薬ではないため菌やウイルスのみに働きかけ、体に良い菌は殺すことがありません。ナチュラルで体に優しい抗生物質として使う人もいます。高齢者で薬をたくさん飲んでいる方、小児で自然なもので治療したい場合、自然食品にこだわる方などに便利でしょう。小児の場合は1歳未満ではハチミツの成分が分解できないため、プロポリスの服用も避けてください。大人の場合はハチミツにアレルギーが無い方なら問題なく使うことができます。

 

プロポリスはサプリメントのように内服するものから、液体状のものをそのまま炎症が起きている箇所に使うこともできます。中耳炎で耳に入れたら炎症が治まったという人もいるようです。風邪やインフルエンザウイルスの喉の痛みには、直接喉に塗ると良いとされています。
免疫力が低下してよく感染症を引き起こしやすい方は、プロポリスで炎症を抑えてみましょう。

 

 

抗がん作用

プロポリスには抗がん作用があるといわれています。活性酵素を除去する働き、免疫力を高める力でがん細胞が少なくなると考えられているのです。
人は誰でも1日に多数のがん細胞ができているといわれています。しかしそれが大きく増殖しないのは、免疫力が働き排除する力があるからです。高齢者になるほどがんにかかりやすいのも、免疫力が低下してしまうからです。子どもや若い人などは遺伝などの問題も考えられますが、がん細胞を排除する働きがしっかりと機能していれば増殖は防げるでしょう。

 

プロポリスには3つの抗がん作用があるとされています。

  • 正常な細胞を傷つけずがん細胞のみやっつける
  • がん細胞が遺伝子を複製するのを予防する
  • がん細胞が増殖する際の酵素を阻害する

また、プロポリスは放射線治療、抗がん剤などの副作用を軽くする効果も期待できます。
大きくなりすぎたがん細胞の場合何らかの治療が必要となりますが、その場合にプロポリスを服用しておくと治療の副作用が軽くなり、治癒しやすくなるといわれています。
結果的に患者さんの生活の質が改善し、病気に打ち勝つ力を付けることができます。食事がちゃんと摂れたり、寝たきりにならず活動できればがん治療の効果も上がりやすいといえるでしょう。

 

肌のアンチエイジング

プロポリスには抗酸化作用を助ける働きがあります。抗酸化とは体が酸素を取り込みそれが活性酸素となり様々な細胞を傷つけるのを阻止する力のことです。活性酵素は老化の原因のひとつともいわれており、これをどれだけ少なくするかにより見た目年齢に影響してきます。

 

活性酸素が発生する原因として、ストレス・紫外線・食品に含まれる添加物などがあります。酸素を取り込むだけで毎日ある程度の活性酸素ができますが、これらの原因があるだけでもっと助長してしまいます。例えば喫煙者の肌が衰えやすいのも、この活性酸素が多く発生するからです。喫煙はビタミンCを失いやすく、体のサビを防ぐ抗酸化作用が低下してしまいます。

 

プロポリスを摂ると活性酸素が減り細胞が若々しいままを保つことができと考えられます。細胞は毎日生まれ変わっていますから、新しく作りだされる細胞が正常なら肌の状態も良くなります。活性酸素はシミ、シワ、たるみなど肌年齢が気になる原因にもなるため、できるだけ減らすようにしましょう。

 

プロポリスは体の中からアンチエイジングを叶えてくれます。腕や足など全身に働きかけるため、サビやすい方は積極的に摂ると良いでしょう。肌トラブルはスキンケアだけではなかなか改善しにくく、体の内側からもアプローチすることが重要です。

免疫力アップに

プロポリスは民間療法的な位置づけで、人間が本来持っている免疫力を引き出すといわれています。薬とは違い自然界にあるものですから、副作用のリスクが無く治療薬として活用している国もあるといいます。

 

西洋医学の薬では症状を取り除くだけで治癒させることができないものが殆どです。病気が治るのは患者さん本人の免疫力が関わってきています。一方でプロポリスは免疫力を引き出すことができるため、様々な病気の予防や治療にも有効だとされています。飲んだからといって必ずしも病気が治るわけではありませんが、免疫力を高めることができれば治癒しやすくなるとはいえるでしょう。

 

例えば高齢者や病後などで免疫力が低下している人にプロポリスは有効となります。ほかにも産後のように体力の回復が必要な際にも便利でしょう。普段から風邪をひきやすく病気に打ち勝つ力を得たい方にもプロポリスは適しています。

 

なぜプロポリスが免疫力アップに良いかというと、免疫力を持つ白血球を作る骨髄が元気になるためです。直接白血球を増やす働きはありませんが、体の中を元気にして本来持つパワーを引き出してくれます。食生活が乱れていたり、ストレスなどで内臓が弱っている方にもプロポリスはおすすめできます。

 

 

 

アレルギー症状

プロポリスは抗アレルギー作用を期待し、喘息・鼻炎・アトピー性皮膚炎の方などの服用例があります。

アレルギー疾患とは免疫力が過剰に働き、自己を傷つけてしまうものです。本来なら問題が無い物質でも、アレルギー体質の方はその物質を異物と判断し、免疫反応が起こります。現在では国民の役半数が何らかのアレルギー疾患を持っているとしています。その中でも多いのが鼻炎、喘息、アトピー性皮膚伝です。花粉症なども多い傾向が見られています

 

プロポリスがこれらアレルギー疾患に良いとされるのは、免疫機能を正常化させる働きが期待できるからです。また肌の調子を整えるビタミンB群も含まれているため、炎症が起こっている箇所を素早く修復する働きも期待できるでしょう。更に抗菌作用により炎症を直接鎮める効果もあると考えられます。

 

ただし、アレルギー体質の方はハチミツなど蜂が作り出す成分に反応してしまうことがあります。ハチミツやローヤルゼリーなどでアレルギー症状が起きた方は使用することはできません。アレルギー体質で飲むことができるか心配な方は、液体の物でパッチテストをして赤くならないか確かめると良いでしょう。服用して試す場合は喘息などの症状が悪化する恐れもあるため避けるのが無難です。

歯周病や虫歯予防

プロポリス入りの歯磨き剤を使ったり、プロポリスの液体を利用すると歯周病や虫歯の予防に繋がるといわれています。プロポリスには殺菌作用があるため、口の中で悪さをする菌を減らすことができます。それにより歯周病菌や虫歯菌が減り、口の中のコンディションが改善できるのです。口の中には多くの菌が生息し、毎日きちんと歯を磨いているつもりでもなかなか全ては除去できません。歯と歯茎の隙間に菌が入り込んでいたり、免疫力が低下して菌を排除する力が衰えているなどの理由からです。また糖尿病がある方など持病の影響でも口の中のコンディションは悪くなってしまいます。

 

虫歯になりやすいと考えている方、歯周病の治療をしてもなかなか改善できない方にプロポリスは有効です。自然界にあるもので抗生物質として働きやすく、免疫力も上げやすいため口の中の菌が増殖しにくくなります。口の中の病気は歯をしっかりと磨くだけでなく、菌に対抗する力を付けること必要です。実際にプロポリスを使ったほうが、歯垢の量が減ったり菌が少ないことがわかっています。虫歯予防のためには内服するよりも、直接口の中に入れることができる商品のほうが適しています。プロポリス溶液などを手に入れてみましょう。

参照サイト

プロポリスの効果・・・昔から根強い人気を誇るプロポリスとはどんなものか見てみましょう