肌に付けて殺菌する

肌に付けて殺菌する

ミツバチはプロポリスを使い巣が菌で冒されないよう利用しています。昆虫の侵入を防いだり、菌から巣を守る働きがあります。このことからプロポリスを使い殺菌効果を利用する方法があります。肌に直接塗ると消毒薬のような使い方ができます。火傷の箇所に塗ったり、傷ができた上に塗って殺菌効果を得ると良いでしょう。

 

プロポリスは古代ではミイラつくりに活用し、ミイラの腐敗を防いでいました。
更に傷薬としての活用方法も広く行なわれ、医薬品のひとつとして扱われていたのです。
殺菌方法を利用するにはプロポリスの産地により多少効果が異なります。ミツバチがえさとなる植物が違うためで、抗菌や殺菌力が高い商品を選ぶようにしましょう。
ただしローヤルゼリー自体には全てに殺菌力があるため、治療用として使わないならどれを選んでもそれほど効果は変わりません。

 

肌に塗る以外にも歯茎に塗って抗菌効果を利用したり、口内炎に塗り傷の治癒力を早める方法などがあります。天然の原料で作られた治療薬ともなるため、1家に1つ常備しておくと便利です。小さな子どもの肌、薬が合わないアレルギー体質の方にも活用しやすくなっています。ほかにもニキビの上に重ねて塗り、治癒力を高める方法も便利です。