認知症予防に

認知症予防に

プロポリスには脳の損傷を改善する効果が期待できるとし、認知症やアルツハイマー病などの予防として利用する方も増えています。
認知症は脳の中にアミロイドベータというたんぱく質がたまり、脳神経を傷つけるために起こるといわれています。この成分が蓄積する原因については詳しくわかっていません。加齢による原因や、生活習慣病も要因になると考えられています。認知症については現在有効な治療方法は無く、一度なると進行を食い止めることしかできません。

 

しかしプロポリスを使うと、損傷した脳の神経を修復させる力があるのではないかと注目が高まってきているのです。現段階でも認知症への研究が進められており、プロポリスを投与したほうが神経突起の形成が見えられたということです。新たな神経細胞ができたり、修復することで認知症改善にも役立てられると考えられています。

 

認知症は様々な原因があるため全ての予防に繋がるかは不明ですが、プロポリスにより免疫力が上がったり、抗酸化作用により細胞のサビを防ぐことができれば予防できる可能性も十分あるでしょう。認知症の初期に服用しておけば進行を食い止められる可能性があります。また、高齢者の方が認知症予防としても使うことができます。